auとドコモのガラケーでアドレス帳を移行する方法

携帯 ガラケー

ガラケーのアドレス帳移行を自宅でしたいこともありますよね?

ショップの店頭でやるのが一番楽だと思いますが、私の場合、機種が対応していないというエラーが出て、できませんでした。

今回、microSDとパソコンを使って、auからドコモにアドレス帳を移行出来ましたので、紹介させていただきます。

 

アドレス帳の保存

まずは、古い方の携帯でアドレス帳をバックアップします。

アドレス帳を開くと、メニューの中にmicroSDへコピーという項目があったり、ツールからmicroSDを選んだりしていくと、バックアップ出来ると思います。

バックアップが出来たら、古い携帯の電源を切り、microSDを取り出して新しい携帯に入れます。

新しい携帯でアドレス帳を開き、新規作成でダミーのアドレスを1件作ります。

ダミーのアドレスには、わかりやすく、

名前:山田太郎、フリガナ:ヤマダタロウ、電話番号:09012341234、メールアドレス:aaa@aaa.com、住所:東京都

などのように、あとでパソコンのメモ帳で開いたときに見つけやすい内容で登録します。

移行しないもの、例えば住所などは登録しなくて大丈夫です。

1件登録できたら、アドレス帳をmicroSDにバックアップします。

 

アドレス帳の編集

先ほどの手順で、古い携帯と新しい携帯のバックアップがmicroSDに入りました。

新しい携帯の電源を切り、microSDを取り出してパソコンに差します。

auのアドレス帳データは

PRIVATE>AU>DF>D_PIフォルダに、PIA_0001.VCFという形のファイルで保存されます。

ドコモのアドレス帳データは

SD_PIMフォルダに、PIM00001.VCFという形のファイルで保存されます。

もし見つからなければ、ファイル検索で見つけてください。

新旧両方のファイルをメモ帳で開き、見比べるとどうでしょうか?

VCFファイルのバージョンが同じであれば、中身の構造は一緒かもしれません。

もし違う場合は、古い携帯のVCFファイルを、新しい携帯のVCFファイルの形に直します。

 

新:SORT-STRING;CHARSET=SHIFT_JIS:ヤマダタロウ

旧:SOUND;X-IRMC-N;CHARSET=SHIFT_JIS:ヤマダタロウ;;;;

 

の場合、旧の方の”SOUND;X-IRMC-N”を”SORT-STRING”に置換するというような感じです。

メモ帳の置換機能を使えば簡単です。

データを移行したいのが、名前、フリガナ、電話番号、メールアドレスだけだという場合、その4種類を置換するだけで大丈夫です。

ただ、携帯電話と固定電話で違うキーワードになっていたりするので、全部直っているか確認してください。

旧ファイルに対するすべての置換が終了したら、新ファイルに上書きします。

ここ重要です。

同一フォルダ、同一ファイルでないと、新しい携帯で認識できないと思います。

 

アドレス帳の復元

あとは、microSDを新しい携帯に入れて、バックアップの復元をするだけ!

復元するときは、新しい携帯で1件バックアップしたときのデータを選択します。

そうすると、SDカード上ではさっき作成したファイルが上書きされていますので、アドレス帳の移行が出来るというわけなのです。

 

いかがでしょうか?

置換するのは面倒ですが、きちんとやらないと、全部のデータが移行出来ないと思います。

上手くいかない場合はコメントくだされば、私でよければお手伝いします。

皆様もうまくいくことを祈ります。

コメント